• Home 他の仕事との違い

他の仕事との違い

依頼主の自宅を訪問して家事を行う家事代行のアルバイトですが、よく似た仕事もたくさんあります。中でも、家政婦の仕事やハウスクリーニングとはどう違うのか良くわからないという人も多いでしょう。家事代行とその他の仕事との違いを説明します。

雇用形態まず、ドラマで一時期注目の職業となった家政婦と家事代行の最大の違いは雇用形態にあります。家政婦は家政婦紹介所などを通して仕事を紹介してもらえますが、契約は家政婦本人と依頼主が直接行うものです。そのため、良い信頼関係が作られれば仕事もスムーズに続けることができますが、一方でトラブルが起きてしまった場合は家政婦に責任がかかります。家事代行サービスはサービス会社から家事代行する人を依頼主の元へ派遣する仕組みになっており、サービス会社と依頼主が契約を結びます。万が一トラブルが起きてしまった際も、依頼主との間にサービス会社が入り対応をしてもらえます。

家事代行の仕事の1つでもある掃除と、ハウスクリーニングの違いもはっきりしないという人もいるかと思います。ハウスクリーニングの仕事は、専門の知識やスキルを持っており、換気扇やエアコンのフィルターなども掃除できる洗剤や道具を自分たちで用意してきれいにします。一方、家事代行は基本的に専門的な道具は持ち込まず、依頼主の家にある道具を使って掃除をするため大がかりな掃除は行いません。